ホーム » みずほ銀行カードローン審査甘い?【対策・流れ・通過のコツは?】

みずほ銀行カードローン審査甘い?【対策・流れ・通過のコツは?】


金融系の会社からお金を借りようとした際に気になるポイントとして次の3つがあげられると思います。

  • 金利の低さ
  • 使い勝手のよさ
  • イメージのよさ

「支払う利息をできるだけ少額にしたい!」

 

というのは当然のことでしょうし、審査通過後の借り入れ・返済が楽な点も重要な要素です。

これに加えて、お金を借りようとしている金融会社のイメージが悪いと、申し込みをする際に「本当にお金を借りて大丈夫な会社なのだろうか?」と二の足を踏んでしまいがちですし、家族や友人にキャッシングカードを見られたくないというのが正直なところだと思います。

shutterstock_67331986これらの3つのポイントに加えて、最近では「審査のスピード」を求める声が高まってきているそうです。

借り入れを申し込む時というのは、急なお金が必要な状態にあるのですから、申し込みをしてから審査結果が出るまでスピードが早い会社は、利用者にとてもありがたい存在だと思います。

金融会社には、消費者金融、クレジットカード、信販会社系のカードローンなどがあり、それぞれに独自の特徴を持っていますが、どれも一長一短です。

例えば、信販系だとクレジットカードでしたら、ショッピングの利息はかかりません。しかし、キャッシングの利息は高いです。消費者金融は審査時間が短いものの、イメージがあまりよくないと感じる人が多いのが現状です。

ところが最近、これら4つの条件を満たした、理想のサービスを提供している金融会社が出てきました。

それはなんと、銀行です!

 

anim-button


概要

みずほ銀行カードローンの最大の魅力はなんといっても金利の低さ!

179463銀行の借り入れサービスと言えば、融資可能かどうか分かるまで時間が非常に掛かり審査が非常に厳しいというイメージでした。

しかし、他の金融会社と比較して審査の厳しさは確かにあるものの、審査時間は以前と比べて大幅に短縮・改善されいて、使い勝手も非常に良くなったので、今、爆発的な人気を集めています。

その中でも注目されているのは、「みずほ銀行カードローン」というみずほ銀行が提供しているサービスです。

銀行のカードローンなので、

  • 金利が圧倒的に安い
  • 利用限度額が高い

が最大の特徴です。借入可能限度額は、なんと最大1,000万円になります!

気になる利息についてですが、借り入れ金額ごとに設定されています。1,000万円を借りた場合には、3.0%という超低金利になっています。

実際にはありえないことですが、クレジットカードや消費者金融の利率で1,000万円を借りて、10年で完済した時の支払利息を計算すると、その額はなんと1,000万円を超えてしまうんです。

ところが、みずほ銀行カードローンで借りた場合は200万円と、800万円もの差が出ます。

もちろん、10万、20万の借り入れでも、普通の金融会社の利息の年利は18%程度ですから、銀行ローンと比べると、やはり支払利息の総額で大きな差が出ます。

anim-button


審査は最短即日対応、カードの使いやすさも抜群

401518みずほ銀行カードローンは、以前から低金利でサービス提供されていました。しかし最近、新たに「最短即日審査サービス」が提供されるようになったので申し込み者がさらに増加しているそうです。

最短即日審査サービスとは、申し込みをインターネットから24時間・いつでも行うことができ、平日の9時~20時の間に審査結果を知らせてくれるというもので、急ぎの借り入れを望んでいる方に最適なサービスです。

また、審査結果が銀行の営業時間内に出た場合は、銀行の窓口でキャッシングカードを受け取り、そのままATMコーナーやコンビニなどで借り入れが可能となります。

キャッシングカードは、独自のカードか、みずほ銀行の普通用金口座と一体になったカードから選べます。

口座一体型カードだと、毎月の返済は普通預金口座から自動的に引き落とされますし、カードの枚数も増えないので、何かと便利です。もちろん、銀行系のカードということでイメージの良さも抜群ですし、家族に内緒で申し込む場合も、ほかのキャッシングカードと比べて、バレる確率は低いと言えますね。

気になる審査の内容ってどうなの?

shutterstock_96105536消費者金融やクレジットカードは、総量規制というルールに従って融資を行っています。

その内容は、個人に対する融資の限度額は、その人の年収の3分の1までと決められており、この限度額の内訳には他社からの借入額も含まれるというものです。

これに対して、みずほ銀行カードローンなどといった銀行系カードローンは、なんと総量規制の対象に含まれていません。つまり銀行が返済能力あり判断したら、その人の年収が300万円であっても、1,000万円の融資が可能であるということです。

しかし、総量規制の対象になっていないので、審査基準は他の金融会社より厳し目の傾向にあります。

審査基準の項目で最も重要視されることは、年収が高いということです。その次に重視されるのが、他社からの借入額が少ないということです。この2つの項目をベースにして、申し込んだ方の返済能力が算出され、利用限度額が決定されます。したがって、お金を借りる時点で年収が少なかったり、他社からの借入額が多い方は、利用限度額が低く設定されることが多いようです。

逆に、年収が高くてかつ、他社からの借り入れもまったくないという方でしたら、低金利かつ高額の借り入れが可能となるので、住宅リフォームや冠婚葬祭など、一時的にまとまったお金が必要な時には、みずほ銀行カードローンの借り入れが最適です。

みずほ銀行カードローンは、既存の借り入れ金の借り換え目的でも利用可能です。利息は他の金融会社と比較しても間違いなく、みずほ銀行カードローンが一番低いので、他社からの借り入れがある方は借り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

借り換えの必要がない方でも、急な出費に備えて持っておくと非常に便利なカードなので、ぜひ当サイトからみずほ銀行カードローンのページにアクセスして、申し込んでみてください!

 

anim-button

みずほ銀行カードローンは誰でも申込みできる?

みずほ銀行カードローンは20歳以上66歳未満で、安定した収入があれば誰でも申込みできます。

みずほ銀行の安定収入の定義は月に一度の収入が見込めるであれば『安定収入』と認められます。歩合給など、毎月の収入額が変動する場合でも問題ありません。

また雇用形態は問わないので、正規雇用でなくてもOKです。

派遣社員・契約社員・パート・アルバイトでも申込みできます。


年金生活者も申込み可能
みずほ銀行カードローンの場合、年金も安定収入と認めてもらえます。

そのため、収入が年金のみの年金生活者も申込み可能です(ただし年齢の条件は変わらず20歳以上66歳未満)。


専業主婦も申込み可能
仕事をしていない専業主婦(主夫)は、配偶者に安定収入がある場合に限り申込み可能です。この場合は配偶者の勤務先の情報などを申告する必要があります。

利用限度額は最大30万円までしか設定されません。


アルバイトをしている学生も申込み可能
学生の場合は20歳以上でアルバイトなどによる安定収入があれば申込みできます。

ただし、学生の場合利用限度額は最大でも30万円程度におさまるケースが多いようです。


無職の方は基本的に受かりません
カードローンの審査を受けても絶対に通らないとこの場で回答できる該当者は、収入をまったく得ていない無職の方になります。不労所得や個人事業主でもなく収入が一切ない無職の方は残念ながら審査を受けても審査落ちのケース非常に多いですし、そもそも無職で返済計画のない方に貸付している貸金業者は日本国内に存在していないはずです。返済能力があるかないかで判断しています。存在していたとしても、大変怪しく危ない貸金業者・金融会社いわゆる闇金融(ヤミ金)の可能性があります。利用しないように注意しましょう。

虚偽の記載したら受かりません

「あなたが嘘をついていないかどうか」を審査します。正確には、申し込みの際に記載・入力した情報に間違いがないかどうかという点を確認します。

実を言うと、収入が低いから審査に落ちる、ということはあまりなく、収入が少ない人でも、審査には通過することは可能です。ただし、貸付金額が少し低くなる場合はあるようですね。収入が少ないことよりも、見栄を張って実際に稼いでいる以上の年収を書いてしまったり、身分を偽ったりするのもNGです。年収が低くても、正直に本当のことを書いたほうが審査に通る可能性は高いです。特に、年齢詐称は大きなマイナス評価となり、後から正確な数字を申告しても、審査落ちにされる可能性があります。

どんな理由があれど嘘は絶対ダメとおぼえておいて下さい。その上で、申込時に記入した項目(年収の情報・勤務先の情報・雇用形態の情報・勤続年数の情報・家族構成の情報・他社金融機関の利用履歴などなど・・・)と申込時にいくら借りたいかの申告金額を総合的に判断して、借り入れが可能かどうか、また限度額はいくらに設定するのかが決まります。また、いきなり融資限度額いっぱいで借金とするのはやめたほうがいいでしょう。みずほ銀行カードローン側からしても、そんなにお金に困ってるというのは、何か裏があるんじゃないか?と疑ってしまいますよね。

どうしてもお金を借りる時は少し多めに借りようとしてしまいがちですが、それはやめておいたほうが無難でしょう。

審査の際に見栄を張る必要はありません。本当の状態をありのまま提出することで、かえって審査に通るのです。また信用情報機関のデータは全ての金融機関に共有されるので、他社の利用状況や借入件数・残高などの情報は必ず申込用紙に記入しましょう。

みずほ銀行カードローンからお金を借りる際には「本当に必要な最低限の金額」を申し込むようにしましょう。特に初回の申し込みは審査に直結しているので、慎重に借り入れ金額を決めた方が良いと思います。少額融資も可能なので、正直に融資額は伝えたほうが良いでしょう。これは金融業界だけでなく他の業界でも一緒だと思います。

多数の借入利用経歴

見られるポイントは多額の多重債務者かどうか多重債務者の人は、はっきり言ってまず審査には通らないでしょう。なぜかというと、多重債務者は返済能力が疑われており、お金を貸す側からすると信用がないと判断されているからです。したがって審査に落ちた場合の保険として他の消費者金融にも複数申し込んでおくというのはあまりおすすめしません。多重債務とみなされ、どこからもお金を借りることができなくなってしまう恐れがあるからです。

個人信用情報機関にブラックリストされている?

重要になるポイントは信用情報になります。さて、信用情報とは、キャッシングやローンその他多くの情報を指します。現在進行形でキャッシングをしていたり、過去にキャッシングをしていたりする方は、注意するべきでしょう。国内には日本信用情報機構(JICC)、シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3社があります。銀行やクレジットカード会社や消費者金融などからの個人の信用情報を扱っており、各社が審査の際に問い合わせる形になります。

審査の際みずほ銀行カードローンに限らず大手・中小消費者金融業者は登録している情報機関に過去の金融情報・事故情報などを問い合わせいたします。もし過去にキャッシングなどの支払いの延滞などを何度も金融事故を起こしてる方や、例えば自己破産しているなどのブラックリストに載っている方は厳しい可能性があります。簡単に言うと過去にお金を借りて問題を起こしたことがあるかどうかなります。もし債務整理していて隠しても情報がセンターに行っているので、お金を返済する能力がないとみなされてしまうからです。もちろん延滞情報などが載ってるからと言って全部落ちるわけではありませんが、審査の所要時間や借入限度額等には影響してきます。

収入証明書不要?

他にもみずほ銀行カードローンの審査は甘いと言える部分がたくさんあるのですが、ここでは収入証明書の提出義務について解説していきましょう。収入証明書なんて難しく感じるかもしれませんが、簡単に言えば収入を証明できる書類であれば構わないのです。その書類は貸金業者によって変わってきますが、直近3カ月分の給与明細書などです。この収入証明書は各社消費者金融業者によって違いますが、ほとんどの金融業者がます今回紹介しているみずほ銀行カードローンの場合であれば、借入限度額が50万円以上のみ収入証明書の提出義務が生じてきます。つまり50万円以下の借入を希望しないのであれば、収入証明書の提出は不要になります。ほんの数万円のお金を借りたい場合などで、わざわざ収入証明書のコピーを取るのが面倒なんて方にとっては大変嬉しいメリットになります。収入証明書の提出義務が借入希望額50万円以上しか発生しないということは、みずほ銀行カードローンの審査は甘いと言える理由のひとつに充分なることでしょう。ですが審査担当者または審判会社から電話連絡で勤務先には在籍確認がいるので注意してください。

審査が早いから甘い?

みずほ銀行カードローンの審査が最短30分と大手銀行系カードローン、大手消費者金融カードローンの中でもトップクラスのスピード対応を売りにしています。即日融資という借入スピードも魅力です。また借入金額が200万円までなら収入証明書不要というのも魅力です。審査が早く、即日融資、収入証明書不要というのはカードローンの審査が甘い印象を与えているのは間違いないと言えるでしょう。
申込方法・受付時間
ホームページからの申込みができます。申込みは24時間受け付けていますが、審査可能時間は保証会社であるオリエントコーポレーションの業務時間内(平日9時~17時くらい)なので、それ以外の時間帯に申し込むと審査回答は翌営業日になります。

総量規制対象外

総量規制とは、個人のローン利用者を「借りすぎによる生活破綻」から保護するためにつくられた法律です。みずほ銀行カードローンの審査基準の最低限の条件は上記に説明しましたが総量規制とは年収の1/3以上の借入を禁じた法律で、この部分に抵触している方は、消費者金融系カードローンでは絶対にキャッシングできません。みずほ銀行カードローンは銀行系カードローンなので総量規制には触れないので、審査のハードルが下がるので甘いと言えるでしょう。


いくつかのカードローン申し込みはNG

 

さていくつかのカードローンを連続して審査を受けた場合、審査に落ちる可能性を高めてしまいます。この記事を読んでる方の中には『とりあえず金利の低いカードローンに申し込みして、さらに金利は高いけど審査は甘いカードローンにも審査を申し込みしておこう』もしかしたらいらっしゃるかもしれません。こういった考えは絶対にしないようにしましょう。大学受験の感覚でカードローンの審査を受けることは、両方のカードローンが落ちる原因になりますので、注意しておきましょう。どうして幾つものカードローンに申し込みしてはいけないのか、それは非常にお金に困っている方を意味しており、もしかしたら返済してくれないかもという疑問を貸金業者側に与えてしまいます。返済してくれない人は貸金業者にとって迷惑にしかなりませんので、積極的に融資をしようとは思わないわけです。また信販会社に申込履歴が残る場合もあります。絶対に幾つものカードローンに申し込みすることは避けましょう


みずほ銀行カードローンの審査基準の内容まとめ

みずほ銀行カードローンの審査基準の内容は上記に説明してきた通りです。

特に難しい事柄はなかったでしょう。これまでにキャッシングの経験がある方であれば、簡単に理解できたはずですし、未経験の方でもおおよそ理解はできたはずです。みずほ銀行カードローンの審査基準は他社に比べてとてもシンプルにまとめられていますし、本当に利用しやすい印象を受けます。みずほ銀行カードローンは審査を受ける際に難しい条件を設けていませんし、年齢等々の最低条件を理解しておけば、とにかく審査を受けてみる価値は充分にあるでしょう。


カードローン審査基準まとめ

基本情報
  • 年齢20歳以上66歳未満のご本人に安定した収入のある方
  • 主婦や学生でも、パート・アルバイトなどで安定した収入がある場合は利用可能
  • 勤務形態を問わず、安定的な収入があれば申し込み可能で、審査通過する可能性はある
審査の採点項目
  • 勤務先、勤続年数、年収、勤務状況、年齢、家族構成、居住形態、居住年数、加入保険種別、電話区分
  • 家族構成の採点:独身・家族同居 > 既婚・家族同居・子なし > 既婚・家族同居・子あり > 既婚・同居なし > 独身・1人暮らし
    ※やはり独身で家族と同居の方の評価が高い
キャッシングの経験(他社の借り入れ実績含む)
  • 取引実績:4回以上>1~3回>はじめて
  • 取引期間:13カ月以上>7~12カ月>6カ月未満
  • 他社借入件数:0~1件>2~4件>5件以上
居住形態
  • 本人名義の持ち家 > 家族名義の持ち家 > 官舎・社宅 > 賃貸 > 公営住宅
    ※住居形態は、経済状況をあらわすだけでなく、賃貸だと夜逃げの可能性の目安になります。だから持ち家の評価が高くなります。
勤務先
  • 公務員 > 大手企業 > 中小企業 > 自営業 > アルバイト > 無職
    ※パートやアルバイトは良くても、自営業くらいにしかなりません。無職の場合は審査通過の可能性はほぼありません。
雇用形態
  • 正社員 > 契約社員 > 派遣社員 > アルバイト
    ※雇用形態よりも勤務先の方が重視される傾向にあるので、大企業であればアルバイトでもいい評価をもらえる可能性はあります。
年収による判断基準
  • 400万円以上 > 200万円~400万円未満 > 200万円未満
健康保険
  • 公務員の共済保険 > 大手企業の組合保険 > 中小企業の社会保険 > 国民健康保険
    ※実は健康保険の種類は年収と同じくらい審査に影響します。パートやアルバイトの信用が低い要素の一つとして、国民健康保険での信用が低いためです。
勤続年数
  • 10年以上 > 5年~10年未満 > 1年~5年未満 > 6カ月~1年未満 > 6カ月未満
信用情報機関でのチェック項目
  • 他社での借入れ件数・状況
  • 過去の借入履歴
  • 金融事故(返済遅滞、債務整理など)

※もし金融事故が過去にあった方は、借入れできる可能性はかなり低くなります。


必要書類
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポート)
  • 収入証明書(希望限度額が200万円を超える場合)
 

みずほ銀行カードローンのメリット

限度額は1000万円は業界トップクラス
みずほ銀行カードローンは最大1000万円までの高額融資が受けることができます。
総量規制対象外

みずほ銀行カードローンは銀行系カードローンなので総量規制には触れないので、

消費者金融系で宇蔵か借りていても借りることができます。


即日スピード融資

WEB完結で当日時間内に振込融資が受けることができます。


みずほ銀行カードローンみんなの借り入れ体験口コミまとめ

女性・会社員の場合

借り入れの目的は?
予期せぬ出費の補填
体験談

転居を伴う転職をした、ことにより敷金礼金引っ越し代など予期せぬ出費が発生したのでみずほ銀行のカードローンにて、借り入れし乗り切った。みずほ銀行にて口座開設したときに係員の説明のまま、なんとなくキャッシュカードにカードローン機能も付けたがとても役に立った。新しい職場で前職以上の稼ぎを獲得し50万円ほどの借り入れは繰り上げて半年ほどで返済完了した。家族には実家を離れる転職は反対されていてため、カードローンがなければ今とても満足しているやり甲斐があり休みが希望通りとれ平均以上の収入がある生活はできていないだろう。家族ちは転職のための資金を借りることはできなかったからだ。自由やより素晴らしい生活を手に入れるためにはある程度の先行投資が必要だ。先行投資できる資金がなければすごく頑張って現状維持、頑張る気持ちが資本となる体を壊したら転落する一方だ。踏み止めるために、あるいはより上の生活を手に入れるために他者からの資金援助を受けれなければ資金援助をビジネスとして提供している組織に助けを求めることが一番効率がいいというのが私の実体験からの教訓だ。また今後困ったら家族に相談して迷惑をかけるよりもカードローンで乗り切ることに決めている

男性・会社員の場合

借り入れの目的は?
おまとめローンとして
体験談

実は私は若い頃から借金まみれの生活を送っています。ただしその借金の総額は、最大でも300万円程度でした。ですから自己破産してしまうような事態は避けられていました。もちろん生活は今でも慢性的に楽ではありませんが、それでも返済トラブルなどは一度も起こしたことはありません。
そんな私は今から10年ほど前、複数のキャッシングを抱えていた時期がありました。その時、複数の借金を一まとめにして返済に励む「おまとめローン」の存在を知りました。それを知った私は、「これは是非とも利用したほうが良いのではないか」と思いました。
しかし、よく調べてみると、それは返済に特化したローン商品でした。つまり、追加融資が受けられないのでした。そこで私は通常の銀行カードローンをおまとめローンの代わりに利用しようと思ったのでした。
それで色々調べた結果、みずほ銀行カードローンに決めたのでした。利用枠は100万円で、金利は年率で約13%くらいでした。審査は心配だったのですが、無事に通りました。完済までには結局5年以上もかかってしまいましたが、今でもいざという時にはいつでも利用しようと思っています。
みずほ銀行カードローンなら、対応も良かったし審査も利用枠も金利も納得できました。私としてはおすすめです。

返済方法は口座引落のみです。毎月10日に前月分の返済額を引き落とします。返済方法はこれ1つで、返済日を指定することもできません。これが唯一のデメリットですね。

 

職業別借り入れ可能度チェック